投稿

国際ジェンダー学会2022年大会のご案内(第3報)

 オンラインと対面で9月2日(金)~3日(土)に開催する国際ジェンダー学会2022年大会のプログラムの詳細が決まりました。また一般参加申し込みも開始いたします。以下の大会サイトから申し込みください。申し込み方法をよくご確認のうえ、必ず8月20日(コンビニATM 払いの場合は8月19日)までにお申し込みくださいますようお願いいたします。 1. 大会参加の申し込みと参加費のお支払い 【参加費】 1. 学会員(一般):3,000円 2. 学会員(学生):無料 3. 非学会員(一般/学会員の紹介者なしの学生):4,000円 4. 非学会員(学会員の紹介者有りの学生):無料 5. 非学会員(1日目のシンポジウムのみ参加):無料 6. 非学会員(2日目のシンポジウムのみ参加):500円 *非学会員の学生の方は、学会員の紹介があれば無料です。Peatix でのお申し込み時に紹介者の会員名をお書きください。 *非学会員の方で、2 日目のシンポジウムのみ参加の方は500 円となりました(第2 報からの変更点)。 *2 日目のシンポジウムのみ参加希望の非学会員の学生の方で、学会員の紹介のある方は4 をお選びください。 *参加費無料の方も必ず参加申し込み手続きを通じてご登録ください。 【大会参加申し込み&お支払いURL】 https://isgs2022.peatix.com 【参加登録およびお支払い期間】 2022年8月5日(金)~8月20日(土) *コンビニ/ATMでのお支払いはPeatixのシステムの都合上クレジットカード払い期限(8月20日)の1日前に締め切られますので、8月19日までにお支払いまでお済ませください。 *コンビニ/ATMでのお支払いは、1件あたりPeatixの手数料220円が別途かかります。 *なるべくクレジットカード払いでお願いいたします。 *お支払いが確認できない場合、チケットは自動でキャンセルされますのでご注意ください。 *参加費納入後は理由の如何を問わず一切返金はできません。 *参加費の領収書はPeatix上で発行されます。チケットお申し込み完了後、注文履歴画面またはお申込み詳細メールから領収データにアクセスしてください。アクセス方法は  https://helpattendee.peatix.com/ja-JP/support/solutions/art

若手研究活動奨励賞 受賞者一覧

国際ジェンダー学会では、専任ないし正規雇用契約をもたず、研究財源の確保に困難をかかえている若手会員の研究活動を支援することを目的に、「国際ジェンダー学会研究活動奨励賞」を2020年度に創設しました。 以下に各年度の受賞者、及び研究活動報告書を掲載します。 受賞者と研究課題一覧 ※リンクから研究活動報告を読めます(ただし最新年度を除く)。  ◆第1回(2020年度) 髙橋 香苗「働く女性の服装規範に関する研究」 福永 玄弥「『良き市民』への包摂をめぐるポリティクス——韓国の徴兵制における同性愛者の処遇を事例に」 李 亜姣 「土地金融化による収奪――中国都市中間階級女性の負債事例分析を中心に」 研究活動報告書はこちら   ◆第2回(2021年度) 大野 恵理「移住女性の再生産労働と「住民」としての承認——妊娠・出産に着目して」 小野 道子「女の子の安全保障に関する考察——パキスタンの『ベンガリー』ディアスポラの娘と母にとっての『路上』」 陳 予茜「中国における一人っ子女性の親子関係に関する研究」 研究活動報告書はこちら   ◆第3回(2022年度) 郭 立夫「『寒冬の季節』の闘争——中国における性的マイノリティ運動の再考」 児玉谷 レミ「ポスト近代の軍隊としての自衛隊の軍事的男性性の構築——自衛官たちの語りから」 新倉 久乃「タイ女性の高齢期のライフプランへの来日経験の影響——在日タイ女性と帰国 したタイ女性の語りから」 文 可依「中国のフェミニズム行動派の運動におけるフェミニズムの政治と性的マイノ リティ」 山本 沙希「現代マグリブ女性の起業実践と法——『手工芸職人証明書』発行制度とのかかわりから」

2021年「国際ジェンダー学会研究活動奨励賞」研究活動報告書

1.提出日: 2022 年 5 月 31 日 2.提出者氏名:大野恵理   5.研究活動報告   2021 年度、「移住女性の再生産労働と『住民』としての承認-妊娠・出産に着目して」というテーマの下、移住女性の妊娠・出産が、いかに移住女性間に階層分化をもたらしながら、誰を「住民」と承認するかという政策的意図と結びついているかを明らかにしようとしてきた。年間を通しコロナ禍により制限された研究活動ではあったが、文献調査の他にも、感染状況を確認しながら慎重に活動の範囲を広げ、現地調査や対面でのインタビュー調査を実施することができた。またオンライン上のツールを活用し、オンラインでの聞き取りを継続的に実施した。 まず文献による研究をすすめ、主に新聞やウェブサイト上の報道資料の収集を行い、現在進行形で生じていた技能実習生の妊娠・出産の報道内容を把握した。またコロナ禍における調査手法の再検討や諸外国の結婚移民の家族形成と政策関連について整理を行った。 次に、感染対策に十分留意しながら、調査協力先の理解を得た上で、現地調査やインタビュー調査を実施した。技能実習生への支援を行う民間組織の協力により、スノーボール式に聞き取り調査を行い、技能実習生及び「特定技能」資格を持つ女性、監理団体で働くベトナム人女性に対し、半構造化インタビューを複数回実施した。また同様に、新潟市内における予備的調査も実施した。資料収集や聞き取りを通して、新潟市内や近隣の市町村では水産加工業や食品加工工場、繊維産業において多くのベトナム人女性技能実習生が働いていることが分かった。また自治体における外国人住民の労働や婚姻状況、妊娠・出産の状況と支援事業を把握するとともに、草の根の支援団体による支援実態等についても調査を実施した。  そしてオンライン上で、妊娠中のベトナム人結婚移民女性と継続的(出産まで約 4 か月間)に連絡をとりながら、行政の支援利用の選択局面と理由、それに関連し、病院や支援における外国人妊産婦の孤立などを定期的に聞き取り、当事者の視点に拠りながら把握することができた。その中で、孤立しがちな女性たちにとって、ヴァーチャル空間に広がる日本在住のベトナム女性による SNS グループが、信頼できる情報源として利用されている実態が明らかとなった。 現在、これらの調査資料やデータ

2020年「国際ジェンダー学会研究活動奨励賞」研究活動報告書

1.提出日: 2021 年 12 月 26 日 2.提出者氏名:髙橋香苗   5.研究活動報告   2019 年、女性が職場でハイヒールの着用を求められることに対する抗議運動、いわゆる #KuToo が起こった。この抗議運動をめぐって、しばしばハイヒールの着用は社会通念であるという言及がされてきた。しかしながら、ハイヒールの着用に代表されるような職場における女性の服装に関する社会通念がどのように形成されてきたのかということについて、これまであまり焦点が当てられてこなかったという現状がある。職場における女性の服装規範はどのように成立し、拡散、共有、変容してきたのだろうか。こうした問題意識から、本研究は歴史資料として働く女性を読者に想定する雑誌を分析することを通じて、女性の職場における服装規範に関する言説の展開について探ることを目的とした。これまでの作業としては、講談社から 1955 年に創刊され、 1982 年に休刊した女性雑誌『若い女性』の誌面のうち、見出しに「通勤」や「 BG (ビジネスガール)」といった言葉を含む職場におけるファッションを主題とする記事を収集して分析をおこなった。  これまでの作業を通じて『若い女性』からわかったことは、女性の職場におけるファッションには、職場の花としての男性うけと社会人としての矜持の表現という二つの期待があったということである。  創刊 1 年目から休刊までの期間を 5 年ごとにみていくと、まず、創刊 1 年目は、「ラベンダー色の化繊ソフト・メルトンで作った上品なトッパー・ラベルから自然に折り返った前はボタンなしのつき合わせで、巾広い箱ポケットがアクセントになっています。( 1955 年 10 月号 p.98 )」といった記述のように、テキストは素材やデザインといった衣服の作り方に重きが置かれた記述が中心で、画像表現では職場で働くイメージが描かれていた。  創刊 5 年目でもテキストの傾向は変わらず、衣服の素材などに関する説明が中心であった。一方で創刊年とは異なり、画像表現では勤務や通勤のイメージが必ずしも描かれているわけではなく、働くイメージが曖昧であることが指摘できる。  創刊 10 年目になると、男性うけという志向が徐々に目立つようになる。 1 月号の「オフィスで着る服」はその例で、「男性に

国際ジェンダー学会2022年大会のご案内(第2報)

イメージ
Ⅰ 実行委員長からのご挨拶とお願い  新型コロナウイルスの感染拡大により、過去2年間、学会大会はオンラインでの実施となりました。皆様に直接お会いできる機会が持てないままの日々が過ぎていきますが、お元気でお過ごしでしょうか。まだ感染そのものは収束していませんが、リスクを考慮しつつ、少しずつ日常の回復に向けて動き出していることと存じます。この2年、オンラインによる研究会や会議の利便さの恩恵も受けてきましたが、一方で、顔を合わせた対面での議論や対話の重要性も痛感しております。  すでに学会MLでお知らせしました通り、2022年大会は、9月2日(金)・3日(土)に開催いたします。2日(金)はオンライン形式で、「個人発表」と「シンポジウム1」を、3日(土)は対面方式で、「ラウンドテーブル」と「シンポジウム2」を実践女子大学渋谷キャンパス(渋谷駅より徒歩10分)で実施の予定です。また、総会も3日(土)のお昼に対面で実施する予定です。感染対策をした上で、皆様との対面での交流ができれば幸いです。大会中の飲食等については、その時点での学内の方針に則った形で対応させていただきます。また感染の拡大等により対面での実施が困難となった場合には、オンラインでの実施への切り替えを予定しています。オンラインになった際の実施の詳細については、学会ML 等を通して皆様にご連絡いたします。  大会第1日目(オンライン)は、「個人発表」です。以下の募集案内にしたがって奮ってご応募ください。午後のシンポジウム1では、「家事・ケアサービス、使う側の責任を考える―市場経済化に抗する運動の可能性」をテーマに、家事労働を正当に評価するための「買う側の責任」について考えます。1日目については、遠方で移動がかなわない方もぜひオンラインでご参加ください。  2日目(対面)午前は「ラウンドテーブル」です。以下の募集案内にしたがって奮ってご応募ください。総会の後、午後はシンポジウム2「パンデミック禍のケア その困難と課題」を予定しています。コロナ禍において家族やケアワーカーが直面した困難について考えます。  過去2年間のオンライン開催のノウハウを生かし、事前登録、大会参加費の支払い、報告要旨の配布などは全てネット上で実施する予定です。皆様にもご協力頂けますようお願いいたします。  個人発表、ラウンドテーブル

新入会員の申し込み方法についてお知らせ(2021年度)

新型コロナウィルス感染症が依然として猛威を奮っているため、下記の入会手続きに関する暫定措置を2021年度も継続いたします。 国際ジェンダー学会入会ご希望の方は、会員2名の推薦を得て( 推薦人の署名と押印は不要です )、入会申込書に必要事項をご記入の上PDFファイルにして、会長および推薦人に宛ててメールで提出してください。 推薦人が上のメールを受信したのち、推薦人は会長宛てに推薦メールを送付します。 会長が上記連絡を確認ののち、理事会で審議をし、承認後にご連絡いたします。 ※上記手続きは2021年度までとします。 会員は所定の会費を納入して、本会の事業に参画し、研究および研究発表を行うことができます。 会員の納める会費は年7,000円です。ただし、学部および大学院在学者は年4,000円とします。 入会金は、2,000円です。 提出先:田口久美子(会長)  k-taguchi(アットマーク) wayo.ac.jp

若手研究者支援「若手」会員の年会費の半額減免の申請について

国際ジェンダー学会会員の皆様へ 2021年10月9日(土)におこなわれた総会において、コロナ禍による収入源などに対応するため、若手研究者支援として、2021年度に「若手」会員の年会費を半額減免することを決議いたしました。 国際ジェンダー学会では、「若手」会員を、「 専任ないし正規雇用をもたない」会員とし、調査研究活動のための支援をおこなっています。 「若手」に該当する会員は、本ページ下部の申請書に必要事項をご記入のうえ、2021年12月10日までに、 isgswakate@gmail.com (受付担当:陳)までお送りください。 なお、「若手」 に該当するけれども、2021年度年会費をすでに支払った方々については、2022年度の年会費の減免を行います。 同じ申請書をご提出ください。 2021年度の新入会員の方にも適用されます。 なお、入会金2,000円の減免はありませんので、ご注意ください。 詳細は本ページ下部の説明ファイルをご確認ください。 国際ジェンダー学会若手研究者支援事務局:陳、会計事務局: 関根、担当理事:伊藤 2021年会費半額助成申請説明.docx 2021年会費半額免除申請書.docx